味はぜんぜんズボラじゃない『ズボラメシ』ほめらレシピ -02-

− 2月のテーマ:温活 −
家にある調味料でちゃちゃっとできる究極のズボラメシ。
夜遅く仕事から帰ってきたときや、料理を作りたくないとき、
だけど美容と栄養にはこだわりたいズボラ—さんのためのレシピを紹介。

5
min

約187
kcal

1食当り
約130円

レンチン!サラダチキンの薬膳スープ

しょうがの辛味成分「ジンゲロール」には冷えを改善する効果、免疫力を高める効果、老化を防ぐ効果があります。簡単で便利な蒸し鶏と蒸し大豆を使って、ダイエットにも!

材料(1人分)
蒸し鶏
(サラダチキン)
50g(1袋半分)
蒸し大豆
(ミックスビーンズ)
40g(1袋半分)
【A】
200㎖
鶏がら(顆粒) 小さじ1/2
おろししょうが
(チューブ)
2cm

*お好みでごま油、万能ねぎを散らしてもOK

【作り方】
  • 大き目の器(耐熱カップ)にAを入れてよく混ぜる。
  • 1.に手でほぐしたサラダチキンとミックスビーンズを入れる。ラップをして電子レンジ(600W)で2分半加熱して出来上がり。

*電子レンジ加熱後は器が熱くなりますので、取り出す時はご注意ください。

★ズボラに見えないテク

蒸し鶏は繊維に沿ってほぐすと綺麗にほぐれます。仕上げに、ごま油を垂らすと風味がアップ!より本格的な薬膳スープ風の味に仕上がります。お好みで、万能ねぎも散らすと手のこんだスープに見えますよ!


【レシピ考案・料理】

料理監修井上 真季子(いのうえ まきこ)

管理栄養士/フードスペシャリスト/食品衛生管理者/食と健康クリエイター

1990年生まれ、北海道札幌市出身。仙台市在住。食のお医者さんを目指し、藤女子大学食物栄養学科を卒業。特に健康に大きな影響を与える「食」の観点から、講演やレシピでは、現在の健康状態の改善や老化の予防を図る考え方を取り入れている。個々の体質にあった、自分らしい食・ライフスタイルの提案を目指し、遺伝子栄養学を学んでいる。

PICK UP あなたにおすすめの記事