\Luccica編集部がゆく/ 魅力発見さっぽろの旅

魅力発見さっぽろの旅

素敵な機会をいただき、行ってきました札幌!おいしいものと楽しいアクティビティ、美しい景色などなど五感をビビビと刺激される札幌の魅力を、編集部視点でゆる~くご紹介します。

今回ぶらりしたのはコチラ

①札幌市円山動物園
②札幌大倉山展望台
③北海道庁旧本庁舎
④白い恋人パーク
⑤札幌市中央卸売市場
⑥羊ヶ丘展望台
⑦八紘学園農産物直売所
⑧サッポロビール博物館
⑨さっぽろテレビ塔

1日毎に行動する範囲(方向、方面)を固めて向かうと、2泊3日でもおなかいっぱい満喫できることが分かりました。

それではさっそくご紹介します!

\札幌駅より車で約15分/札幌市円山動物園

  
札幌市内中心部からすぐそこにある円山動物園は、国内屈指の広大な自然とたくさんの動物たちに出会えるホットスポット。現在は、ほ乳類・鳥類・爬虫類などを含め約170種の動物たちがいるのだとか!

魅力発見さっぽろの旅

国内で40頭弱いるホッキョクグマの内、現在4頭がココで暮らしています。
2018年3月中旬には新たに「ホッキョクグマ館」がOPEN予定!施設内には水中トンネルが設置され、泳いでいる姿をより近くで観察できるのだとか。
2020年春には「ゾウ舎」がOPENを控えており、ますます目が離せません。

さらに、円山動物園には北海道ならではの動物たち「エゾヒグマ、エゾシカ、エゾモモンガ、エゾフクロウ」も。

魅力発見さっぽろの旅

飼育員さんによる動物たちの解説や鷹匠体験、ふれあい・エサやり体験など、間近で触れられる体験も実施しています。

魅力発見さっぽろの旅

施設内にはこんな遊び心も発見。

魅力発見さっぽろの旅

円山動物園(札幌市中央区宮ヶ丘3-1)
℡ 011-621-1426
料 大人(高校生以上)600円、小人(中学生以下)無料
HP http://www.city.sapporo.jp/zoo/

\札幌中心部より車で約20分/札幌大倉山展望台・大倉山ジャンプ競技場

魅力発見さっぽろの旅

2人乗りリフトに乗って、大倉山ジャンプ台の頂上まで約5分。心臓がフワッとするような高さを体感しながら、横目にジャンプ台の急勾配を目に頂上へ。

スキージャンプ競技選手の気持ちを垣間見ました…。

「こんな高さから滑っていくなんて、人間技じゃない…」と思わずにはいられない、選手のメンタルと体力に感嘆しきりの編集部。

ぐんぐん上っていきます…。

魅力発見さっぽろの旅

そしてこの景色!札幌の街なみが大パノラマで一望できる爽快感です。

魅力発見さっぽろの旅

幸運にもこの時は、普段は立ち入ることができない選手専用スタート地点へ立たせていただきました。

魅力発見さっぽろの旅

この臨場感…。ここから勢いを付けて滑り降りるなんて凄すぎる…。

そして、大倉山ジャンプ競技場の麓にある「札幌オリンピックミュージアム」へ。

魅力発見さっぽろの旅

歴代冬季オリンピックで活躍した選手の用具展示や各大会のメダルや資料が展示され、写真を通して歴史を学ぶことができます。

魅力発見さっぽろの旅

また、大画面のシミュレーターを使ってジャンプの踏み切りやボブスレーの滑走など、アスリートになった気分が味わえる「体感・体験コーナー」は大人も楽しめます♪

魅力発見さっぽろの旅

札幌大倉山展望台・大倉山ジャンプ競技場(札幌市中央区宮の森1274)
℡ 011-641-8585(大倉山総合案内所)
料 リフト料金(往復)大人500円、小学生以下300円
  札幌オリンピックミュージアム入館料 大人600円、中学生以下無料
HP http://okura.sapporo-dc.co.jp/index.html

\札幌市中心部より徒歩約10分/北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

ふらりと近くまで寄って外観周辺だけ楽しんだ北海道庁旧本庁舎。

かつて北海道庁の本庁舎として建築された西洋館で、「旧道庁」や「道庁赤レンガ庁舎」、「赤レンガ」と呼ばれ、親しまれている重要文化財です。

雪景色も絵になりますね~。
四季を彩る庭園も人気スポットなのだとか。

北海道庁旧本庁舎(札幌市中央区北3条西6)
℡ 011-231-4111

\札幌市内より車で約20分/白い恋人パーク

北海道を代表するおいしいお土産といえば、そう!「白い恋人」ですよね。
ここ白い恋人パークは「白い恋人」の製造工程も見学できるお菓子のテーマパークです。

そして、オリジナルの「白い恋人」を作る体験もできちゃうんです。

実物の約4倍の大きさに胸が高鳴ります!ハート型で約14cmの白い恋人にチョコペンで好きなペイントができました。

その他にもチョコレートの歴史や中庭に咲き誇る季節毎の花々、時間になると動き出すからくり動物のパレード「チョコレートカーニバル」など、まさに見どころ盛りだくさん。

ちなみに、館内には有名なあの人やこの人が当たり前のようにベンチに座っています。お隣に座らせていただき、小休止。

季節毎に表情を変えるフォトスポットや、動き出すからくりと共に踊りだすゴミ箱など、館内外を問わず「発見」の楽しみもあり大満足でした!

次回来た時こそパフェを食べたい…。(お腹がいっぱいで断念した)

白い恋人パーク(札幌市西区宮の沢2条2-11-36)
℡ 011-666-1481
料 入館料 高校生以上600円、中学生以下200円、3才以下無料
HP http://www.shiroikoibitopark.jp/
※2018年4月1日~2019年5月末(予定)はリニューアル工事のため、一部営業が休止になります。

\札幌市中心部より車で約15分/札幌市中央卸売市場・札幌場外市場

  

北海道の旬の味覚が大集結!約60店舗が所狭しと連なる札幌場外市場では、毎朝水揚げされたばかりの魚介や採れたての山の幸がズラリと並びます。

魅力発見さっぽろの旅

魅力発見さっぽろの旅

市場の通りには20店舗の飲食店もあり、新鮮な食材を活かしたほっぺたの落ちるような海鮮中心の食事も楽しめます♪

旨みがじわ~っと広がるてっぽう汁と、器からあふれんばかりの海鮮丼!必食です!
この時は10種類の新鮮な海鮮がてんこもりの海鮮丼(3,210円)を海鮮食堂 北のグルメ亭さんでいただきました。

お目当ての食材は午前中にチェック&購入→昼食をいただく→次の目的地へコースがオススメ。

お土産を物色していたら、とっても美味しそうなトウモロコシを発見!
フレンドリーなおじいちゃんとおばあちゃんに試食をいただき、その甘さにビックリ!

おじいちゃん曰く、「あまいんです」という名前のトウモロコシだそう。トウモロコシが大好物の編集部。沢山食べたい気持ちをぐっとこらえ3本ずつ購入。ごちそうさまでした!

札幌市中央卸売市場・場外市場(札幌市中央区北11条西21)
℡ 011-621-7044
HP http://www.jyogaiichiba.com/

\札幌市中心部より車で約30分/さっぽろ羊ヶ丘展望台

 

入場ゲートから先に広がるのはまるで「北海道がぎゅっと詰まった世界」!

四季折々の牧歌的な景色が眼前に広がります。
牧場には羊の姿も。季節ごとに咲く花々にも癒されること間違いなしです。

そしてこちら。札幌ゆかりのモニュメント、クラーク博士の立像。立像の下には「大使の誓い」カードが投函できます。

夢や希望を記入してクラーク博士像の台座の下の投函口へ。

このカードは約40年間で8万枚が投函され、今も大事に保管されているそう。再訪問の際に再会できます!30年前に書いた人が再来館の際に再会したというエピソードも。

冬季中にはこんなイベントも開催しています♪

◆◇◆羊ヶ丘展望台スノーパーク2018◆◇◆

【開催期間】~3月11日(日)10:00~16:00(受付15:45まで)

雪とめいっぱい遊ぶアクティビティが全て無料で体験できます。
(チューブすべり、歩くスキー、かまくらなど)
※ 積雪・天候状況により開催期間、時間、内容が変更される場合あり。

各アクティビティの体験料・レンタル料は全て無料。レストランでは煮込みジンギスカンも楽しめます。(さっぽろ羊ヶ丘展望台入場時の入場料金が別途必要)

◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆◆◇◆

さっぽろ羊ヶ丘展望台(札幌市豊平区羊ケ丘1)
℡ 011-851-3080
料 入場料大人520円、小・中学生300円、未就学児無料
HP http://www.hitsujigaoka.jp/

\札幌市内より車で約30分/八紘学園農産物直売所

あまりのおいしさに写真を撮るのを失念し夢中になってしまった、魅惑のソフトクリームや地場の野菜、ヨーグルトなどの乳製品を販売している八紘学園農産物直売所。

もう一度あの味に出会いに立ち寄りたいスポットの1つです。

(札幌市豊平区月寒東2条13-1-12)
℡ 011-852-8081
HP http://hakkougakuen.web.fc2.com/

\札幌市内より車で約10分/サッポロビール博物館

日本で唯一のビールに関する博物館である「サッポロビール博物館」。レンガ造りの建物が美しいですね。

この建物は北海道遺産にも登録されているそうです。
入り口傍にはこんなタルの置物も。

なんて読み進めるか分かりますでしょうか?答え合わせは博物館内で聞くことができますよ。

館内ではサッポロビールが歩んできた道のり、北海道開拓という国策の中で若き先駆者たちが情熱を注いできたビール造りの歴史を垣間見ることができます!

照明もよく見るとビール瓶の形をしていたり…。面白いフォトスポットも点在しています。

また、開業当時の製法で再現した「復刻札幌製麦酒」と現在の「サッポロ生ビール黒ラベル」の飲み比べもできちゃいます。

おいしい注ぎ方も教えてくれました。ごちそうさまでした!

サッポロビール博物館(札幌市東区北7条東9-1-1)
℡ 011-748-1876
入館料無料
※プレミアムツアー500円、試飲200円~300円
HP http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

\札幌市内より徒歩約5分/さっぽろテレビ塔

大通公園東端に位置し、360°札幌のパノラマ風景を楽しめる「さっぽろテレビ塔」。半世紀以上にわたって札幌の発展を見届けてきたランドマーク的存在です。

地上約90mの展望台からは、季節ごとに表情を変える大通公園の美しい風景やイベントの様子が一望できちゃいます。

話はちょっと変わって…。
私…、人生初のバンジージャンプを、ここさっぽろテレビ塔で経験しました…!

飛び出す前の視界はコチラ

絶景!スカーっと見渡せるこの景色!素敵ですよね。
しかしそれとは相反する、この空中に身を投げ出す恐怖からの恐怖!
※安全ベルトは付いています

※写真は別の方ですが、こんな感じで飛び出します。

体験後は、憑き物が落ちたような不思議な感覚に…。

イベントごとでの開催になるようなので、ぜひみなさんもご体感ください!

さっぽろテレビ塔(札幌市中央区大通西1)
℡ 011-241-1131
料 展望台入場料 大人720円、高校生600円、中学生400円、
小学生300円、3歳以上100円
HP http://www.tv-tower.co.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【まとめ】
今回の旅は飛行機で北海道へ向かった編集部。
仙台~新千歳空港までは約1時間、そこから札幌までは電車で約45分。
片道計約2時間で行けちゃうことを実感し、こんなに身近なスポットだったのか!と感動しました。

季節ごとに様々なイベントが目白押しの北海道・札幌。
これからのお出かけプランに盛り込んでみてはいかがでしょうか♪