第2回『隣の女を裸に引ん剥く』第一夜

世の中の女性が気になっている、けど聞けないことをテーマに、溺れる夜のドロ沼女子会を開催。
「隣の女性はどんな夜を過ごすんだろう?」「向かいに座っているこの子は…?」
何でも聞き放題、引ん剥き放題の秘密の夜をこっそり覗き見してみて。

今夜の引ん剥きテーマは
「社内恋愛にハマった女」
〈参加者:3名〉

モナさん:26歳、独身。現在進行形で社内恋愛中。つき合い始めて半年ほどですでに周囲にバレそうになるなど、ドキドキハラハラ感満載な社内恋愛ライフを満喫している。

のんぶらんさん:33歳、独身。過去に1度、社内恋愛を経験している。こっそり付箋でメッセージを送り合ったり、会社裏で待ち合わせして駅まで手をつないで歩いたり……とキュンキュン必至のエピソードが盛りだくさん!

マリンさん:38歳、独身。今回テーマにおける1番のベテランさん。これまでにつき合った相手は5歳下~20歳上までと、バリエーションがとにかく豊富!みんながあっと驚く肩書を持つ人との恋愛話もあり。

第2回『隣の女を裸に引ん剥く』第一夜

第2回『隣の女を裸に引ん剥く』第ニ夜

第2回『隣の女を裸に引ん剥く』第三夜

***みんなの社内恋愛遍歴は?

ルチカ編集部(以下編):まず、みなさんがどんな社内恋愛を経験してきたのか教えてください。

モナさん(以下、モナ):現在進行形で社内恋愛してて、つき合い始めて半年が経ちました。会社っていうか、社員数15人くらいの小さい店舗なんですけど。

編:社内恋愛については隠していますか?

モナ:社内恋愛がバレると異動になっちゃうんです。なので、隠してますね。

マリンさん(以下、マリン):離れるの、寂しいもんね。

のんぶらんさん(以下、のんぶらん):私は2年前に社内恋愛してました。本社から出向で来た人でしたね。

マリン:どうやって仲良くなったの?

のんぶらん:飲み会とか。その当時私が主催することが多かったので、それを通して仲良くなって、つき合うことになったの。

編:出向ということは、彼は本社に戻ってしまったんですか?

のんぶらん:はい。厳密には、あまり成績が芳しくなくて強制送還されちゃったんですけど(笑)。

モナ:えー!

マリン:強制送還とか(笑)。

編:それはそれは……。別れたのは、それがきっかけで?

のんぶらん:いえ、そういうのはかえって「支えたい」と思うタイプなので、全然問題にならなかったんですけど……。

マリン:じゃあ、どうして?

のんぶらん:それがね……マザコンがひどかったの!

マリン:うわ。

モナ:でたー。

のんぶらん:一緒にご飯行ったときに、「うちのお母さんと身長同じだね!」って言われて。そこでまず、ん?と思ったの。基準がお母さんっておかしくない?って。

マリン:そこでお母さん、おかしいよね(笑)。

のんぶらん:仕事の話もお母さんに相談してるって。何を話しててもお母さん、お母さんって、さすがに引いちゃった。せめて、仕事の話ならお父さんだろと。

モナ:たしかに。

のんぶらん:それでダメかもしれないって。でもつき合ってる間は楽しかったよ。飲み物の差し入れするとき、ペットボトルに油性ペンで「お疲れ様、一日頑張ったね!」とか書いてさっと渡したりしてたなあ。

編:かわいい!それだけでちょっとしたドラマになりそうじゃないですか。

のんぶらん:韓国ドラマを何度も見て、かわいく見える仕草とかめちゃくちゃ研究してたんです。

モナ:すごい女子力……!

のんぶらん:昔のことだけど、いい思い出ですね。

編:マリンさんは経験豊富なベテランさんなんですよね。

マリン:一番若い頃だと、ハタチのときに年下の方とおつき合いしていました。年下は30代でもつき合ったかな。20代では、20歳くらい年上の方とつき合ったこともありますよ。

編:20歳って、ずいぶん年上ですね。

マリン:上司……というか、社長でした。

のんぶらん:社長!?どうやって接近したの?

マリン:小さな会社だったから、事務員が私ひとりだったの。接点が多かったんだよね。向こうから言い寄られて、なんとなくつき合ったんだけど……今思えば、そんなに好きじゃなかったかも。

モナ:どんなアプローチだったの?

マリン:一緒にいる時間が長かったから、ちゃんとした告白はされなかった。なんか、気づいたら唇奪われてた、みたいな。

一同:えー!なにそれ、すごい。

***社長とつき合うって楽じゃない

編:社長とつき合うのはレアな経験だと思いますが、特別なことはありましたか?

マリン:彼はバツイチで独身だったので、社会的にはつき合っても問題はなかったんですが、一応社内では内緒にしていたんです。でも、もうひとりいた女性社員にバレちゃって。「どうして上司とつき合うの?」って責められました。

のんぶらん:えっ、責められた?

マリン:うん。バツイチだし、子持ちだよって。でもそう言われても、自分ではちゃんと考えられなくて。だからそれほど好きじゃないんだなって気づいて、別れたの。

モナ:なんて言って別れたの?

マリン:ずるかったかもしれないけど、仕事を理由にして。転職したいから、もうここにはいられないって。心機一転な感じで、終わりを醸し出したんだよね。

モナ:引き止められたりは?

マリン:ショックを受けてる感じではあったけど、でもそんなに多くを語らなかったな……。なんでなんで、って責められたりもしなかった。

のんぶらん:社長だし、自信もあるでしょ。だからプライドが傷ついたんじゃないかなあ。

マリン:どうだろうね。結局私は仕事を辞めて、それっきり。経営者とつき合うのはすごくリスクが高いなって身に染みたね。

編:同じ社内恋愛でも、一般社員とは違いますか?

マリン:同僚や上司だったら別れた後も、もしかしたら関係を改善できるかもしれないけど、経営者は無理ですね。別れたらもうそこにはいられない。

のんぶらん:重みがあるね……。

編:とはいえ、社長とのおつき合いってどんな感じなのか興味があります。デートやプレゼントとか、すごいのでは?

マリン:デートは、仕事が終わった後に飲み屋に行くくらい。そんなに大きな会社じゃなかったから、普通の居酒屋だったり、知り合いのお店だったり。特別なプレゼントをもらった記憶はないけど、食事代は必ず出してくれました。自分では出したことない。

編:そこはやっぱり社長ですね。おふたりはどうですか?

モナ:最初は出してくれてたけど、同い年だし収入もわかってるから、出してもらってばかりってわけにもいかないですね。今は出してもらったり、割り勘したり、たまには自分で出したりといろいろです。

のんぶらん:私はほとんど出してもらってた。彼は出向で来てたから給料はわかんないし、見栄もあったのかもしれないね。その代わりに、差し入れとかはよくしてたよ。



第1夜では、3人の社内恋愛の歴史が明らかになりました。次回は、「バレそうになったらどうする?」「修羅場とかあるの?」など、より具体的な内容に切り込んでいきます。お楽しみに~!



ライター:岩崎尚美
宮城県仙台市を拠点に活動中の取材・インタビューライター。
プライベートでは2児の母。
Twitter→@nao_2205

あなたもツイッターで
「#トナハダ」つけて
感想や体験談をつぶやいてね。
ルチカ編集部が恋愛パトロール
しにいきます

ルチ子@renaidaisuki
社内恋愛、私もしてみたい♥誰かキュンキュンさせて~!
#トナハダ

キラ女子OL@iiotokoinai
3年前、憧れの課長と付き合うことに。でも、半年前に新しく入ってきた若い子との浮気現場を目撃。どうやって証拠を突き付けたら大ダメージを与えられるか考え中(笑)。みんな、アドバイスよろしく!
#トナハダ

PICK UP あなたにおすすめの記事