《入門漢方編》新年を軽やかな身体と心でスタート! 女性と漢方の素敵な関係【1st day】

仕事にプライベートに忙しい毎日。特に今の時期は年末・年始に向けてラストスパート!とばかりに忙しさに拍車がかかってくる時期ですよね。自分のこともついつい後回しにしちゃったり、何かのついでになってしまったり…。
知らず知らずの内に溜まる疲労やストレス、風邪ではないけどなんとなく身体がだるく感じたり、気持ちがモヤモヤしたり…。時間や気持ちにゆとりが持てなくなると、そんなマイナスな状態がぐるぐる悪循環になりハッピーじゃなくなってしまいます。

こんな時こそ自分の身体に向き合う時間を作って、プラスのサイクルを作っていきたいもの。でも寒さが身体にこたえるこの時期、忙しい最中にリフレッシュのための旅行や時間をガッツリ使う系のプランは現実的じゃないし…、と悩む方も多いと思います。
そんな具体的に何をすればいいのかピンとこない方にこそ、ヒントにしていただきたいのが「漢方」という選択です。一見ハードルが高いように感じてしまいがちの漢方ですが、実はとっても暮らしに取り入れやすいものだったんです。今回はそんな多忙な女性の気持ちに寄り添い、漢方でライフスタイルをサポートしてくれる「カガエ カンポウ ブティック」漢方相談員・薬剤師の臼田さんにお話をお聞きしました。自身の身体と心に今一度向き合い、2019年を健やかに締めくくり、気持ちよく新年を迎えましょう!

Contents
1.【1st day】身体の中を整えて外までトータルケア「カガエ カンポウ ブティック」
2.【1st day】初心者入門編「漢方・漢方薬ってどういうもの?」
3.【1st day】なんとなく体調がすぐれない状態「未病って?」
4.【1st day】身体の内外ケアをサポートしてくれる「美容漢方」
5.【2nd day】自然界の陰と陽と身体の関係「五行・五臓って?」
6.【2nd day】女性特有の体の不調「女性の養生」
7.【2nd day】自然の力を取り入れて毎日を軽やかに「女性の身体と漢方の関係」
8.【3rd day】どんな飲み方ができるの?「漢方薬の種類」
9.【3rd day】初めましてでも緊張しない「カガエのカウンセリングの流れ」
10.【3rd day】お家で漢方「漢方・煎じ薬の飲み方」
11.【4th day】身体が冷える時期に「漢方のオススメの取り入れ方・過ごし方」
12.【4th day】自宅でできる冷えケア「生活養生」
13.【4th day】ポカポカ芯から温まる「この時期オススメの商品」

1.身体の中を整えて外までトータルケア「カガエ カンポウ ブティック」

仙台で20年以上地域に寄り添う漢方の老舗 薬日本堂が展開する「カガエ カンポウ ブティック」は、漢方薬や和漢植物エキス配合のスキンケアによって身体の内側・外側を整えることでトータルでケアもしていく漢方ビューティーブランドです。さらに「医食同源」ならぬ「医香同源」として、漢方で使われる和漢植物の香りから健やかに毎日を送るための商品開発を通じたアプローチも行なっています。
漢方の最大の魅力は「本来自分に備わっている自然治癒力を高めてくれる」ということ。内臓や血の巡りなど身体の内側が整えば、肌や表情・血色など身体の外側も自然と最適な状態へ導かれます。カガエ カンポウ ブティックではそれを「内外ケア・内外ビューティー」と呼び、身体や心のバランスが崩れることによって生じる様々な不調を、個人それぞれ異なる体質や状態に合わせてよりよい状態へ導いてくれます。そうすることで、その場限りの改善ではなく、身体の根本からの悩み改善に繋がるのだそうです。

2.初心者入門編「漢方・漢方薬ってどういうもの?」

漢方とは

漢方の歴史は長く、紀元前200年ごろに基礎が確立した古代中国医学が元になっていると言われ、日本伝来後は気候や風土に合わせて変化し日本独自の医療体系として根付きました。自然のものを活用して身体の本来持つ自然治癒力を高め、日々の養生までを通し暮らしに溶け込む知恵の集合体とも言えます。

漢方薬とは

漢方薬とは「生薬(しょうやく)」と呼ばれる自然界にある植物・動物・鉱物などを、長年の研究における漢方理論に基づいて組み合わせた薬(医薬品)を指します。日本では200種類以上の種類と処方が存在するそう。

薬の形状には主に「煎じ薬」「粉薬」「錠剤」の3種類があり、目的やライフスタイルに合わせて使い分けできるのも特徴です。

3.なんとなく体調がすぐれない状態「未病(みびょう)って?」

未病とは身体と心のバランスが崩れ、病名がつかないような、なんとなく体調がすぐれない状態・体調トラブルの前段階のことを指します。漢方が得意とするのが、この未病にもアプローチし改善ができるということ。そのため「気になっていた症状を改善しようと漢方を飲んでいたら、自分でも気付いていなかった他の不具合も改善されていた!」なんてこともよくあるそう。

生理痛や生理不順などのホルモンバランスによって引き起こされる繊細な婦人病に関する悩みや、ストレス性の症状、頭痛や肩こり、慢性的な疲労なども未病のひとつです。身体のバランスを整えることが時に困難な女性にとって、漢方はライフステージやライフスタイルに合わせて寄り添ってくれる嬉しい存在でもあります。

4.身体の内外ケアをサポートしてくれる「美容漢方」

本来身体が持つ治癒能力を高め、体質改善に効果的な漢方。身体の内側が整うことで、自然と身体の外側も整います。「“肌は内臓の鏡”です」と教えてくださったのは、漢方相談員・薬剤師の臼田さん。臼田さんは漢方で体質改善を実感した1人でもあります。薬学部に在籍中に漢方に興味を持ち、同社に入社しました。そんな臼田さんは多感な時期から就職して漢方を始めるまで、長い間肌トラブルに悩み続けていたそう。
「当時はずーっとニキビが消えなくて…(笑)。出ては消えを繰り返していたので、顔の赤みも気になっていましたし、無意識に潰れてしまった時には跡になったらどうしようとか…。悩みが尽きなかったですね」そんな肌悩みも漢方を取り入れるようなって変化し、現在はキメが整うツヤ肌に。
「他にも、漢方を取り入れることで肌トラブルや身体の不調が改善したスタッフたちがたくさんいますよ」と話します。中には生理痛の改善や花粉症が治った方もいらっしゃるのだとか。漢方のよさを実感した方々が相談にのってくれるのも嬉しいポイントですね。

睡眠不足や疲労・食生活など、日々の生活が現われるお肌。カガエ カンポウ ブティックでは①潤い②ツヤ③すべらかさ④ハリ⑤弾力⑥血色の6つの条件を満たしている肌を「美肌」と表現します。美肌を叶えるためには、スキンケアなどで皮膚の栄養を充実させるだけではなく、身体の血の巡りをよくすると共に精神の安定が必要です。

1人ひとりに合わせた漢方薬の提案の他、より暮らしに取り入れやすいハーブティーや美容ドリンク、サプリメント、スキンケアやヘアケアまで、身体の内外ケア・内外ビューティーを目指すヒントが詰まっています。

「美容漢方」というアプローチで悩める女性をサポートしてくれるカガエ カンポウ ブティックでは、ハーブティーの試飲やスキンケアアイテムも気軽にお試しすることができます。さらに血流・血圧を自分でチェックすることもできます(無料)。まずは今の自分の状態を知ることが大事なので、フラ〜っと足を運んでみるのもオススメですよ。

筆者も体験してみました。結果は低血圧・貧血・体力低下などを示す「乏血型」。これは改善のしがいがありまくりますね。漢方の取り入れ方だけではなく、普段の暮らしの中で実践しやすい食事や過ごし方のアドバイスがもらえるのも心強く感じます。

余談ですが筆者が取材にお伺いした際、外から冷気をまとって登場した私に「キンキンに冷えているじゃないですか!」と漢方配合の入浴剤入りボウルを差し出してくださった臼田さん。優しさに包まれました…。

おいしそうな飴色の入浴剤です。綺麗な色合いにずっと眺めて入られそうなほど。ほんのり優しい香りが漂います。

手先を浸していたのはほんの数分ですが、上半身が瞬く間にポカポカになる体験をしました。手先だけでこの効果だったので、入浴剤として実際にお風呂で使用した際にはどれほどの効果が…!と個人的に期待値爆上がりしました。
とても素敵な入浴剤だったので、4日目公開の記事で詳しくご紹介したいと思います!

全力でお礼を申し上げました。笑顔の臼田さんに始終癒される取材でした。ありがとうございました!

▶︎ 次回【2nd day】では女性特有の身体の不調と養生についてを、漢方視点でふんわり軽くするお話をお届けします!

DATA

カガエ カンポウ ブティック 仙台パルコ2店
TEL022-263-4193

仙台市青葉区中央3-7-5仙台パルコ2 2F

・アクセス JR「仙台駅」より徒歩約5分
・営業時間 10:00〜21:00
・定休日 仙台パルコ2の定休日に準じる
・ホームページ https://kagae.jp

PICK UP あなたにおすすめの記事