スイーツ・カフェ・雑貨…日帰り女子旅のススメ 「かわいい」をめぐる富谷市

仙台市からは、車で約30分~1時間圏内。富谷市は、奥州街道の宿場町として整備された当時時の面影が残る「しんまち」、国道4号沿いに広がる店舗やニュータウンとして作られた住宅地と、歴史の新・旧が織り交ざった地域。
スイーツやカフェ、雑貨など、巡りたいお店がたくさん点在しており、日帰りでも楽しめる、注目のプチおでかけスポット!

富谷市の特産品・ブルーベリーをスイーツに

富谷市の名産品・ブルーベリーは、『G7伊勢志摩サミット』で供されたブルーベリージュースの原料となり、その名は全国でも知られる。
旬の7月上旬から下旬に合わせ開催される『とみやブルーベリースイーツフェア』では、新鮮な富谷市産ブルーベリーをふんだんに使った「とみやスイーツ」を各参加店舗が提供。市内12店舗が参加し、工夫が凝らされた多くのスイーツが販売される。
旬だからこそ美味しいブルーベリー。たくさんのスイーツに出会いに、富谷へ出かけてみよう。

富谷市にはブルーベリースイーツが盛りだくさん!

  • 東向陽台小学校 スイーツアンバサダーの皆さん
  • 成田東小学校 スイーツアンバサダーの皆さん
  • とみやコンコルド+[プリュス]

    (500円)/お菓子のアトリエ・ムー
  • ダブルブルーベリーベーグル

    (270円)/石窯パン工房パンセ 富谷本店
  • ブルーベリーショート

    (430円)/ケーキハウス 白いオルゴール
  • 富谷大使

    (194円)/餅よし
  • ブルーベリーフレンチトースト

    (200円)/パン・デ・パルコ
  • ブルーベリータルト

    (450円)/マッフェン 明石台本店
  • 富谷ブルーベリームース

    (420円)/手作りケーキ ばにら・びーんず
  • ブルベリぶるベリ

    (280円)/米パンカフェ
  • ブルーベリー・シャルロット

    (430円)/菓子処 いさわ屋

  • 米粉のブルーベリーシュークリーム

    (281円)/MonaMona 富谷成田店
  • ブルーベリーのタルト

    (470円)/ニンナ・ニンナ

富谷のブルーベリーの美味しさの秘密…?

富谷のブルーベリーは何故美味しいの?

富谷のブルーベリーは、宮城県から「農薬不使用・化学肥料節減栽培農作物」として認証されており、農薬不使用・化学肥料節減で作られているのが1番の特徴です。
虫がついて芽や花、実が食べられないよう、毎日1つ1つ手作業でチェックをしているため、かなり手間のかかる作業ですよ。
また、大きくて甘い実を育てるために、気温、水の量、日当たり、風通し、すべて良い環境にしてあげることが大切です。
例えば日当たりや風通しを良くするためには、葉が落ち、木の動きが止まっている真冬の間に木の剪定を行います。 できるだけまんべんなく日光、風を当てるため、上から見て円形に広く広がるように剪定してゆきます。

収穫の際は、暑いと実が膨張してモチが悪くなるため、朝の4時から収穫をはじめ、サイズごとに選別してすぐに冷蔵庫へ移動させます。
冷凍のものや輸入のブルーベリーもたくさんありますし、遠くに出荷するためにわざと未熟なうちに収穫してしまうやり方もありますが、やはり旬の食べごろの時期に、生で食べるブルーベリーがいちばん甘くて美味しいですね。

美味しいブルーベリーを味わうために、選ぶコツやおすすめの食べ方はありますか?

 同じ品種・同じ木から収穫されるブルーベリーの中でも、最初になる実は「もとなり」、最後になる 実は「うらなり」と呼ばれ、最初にとれるものほど甘く、最後にとれるものほど酸味が強い傾向があります。
特に甘い実を味わいたい場合は、旬の時期のはじめに買いに行くのがおすすめですね。

また、摘み取り体験する際に美味しいものを見分けるコツとしては、特に日当たり・風通しが良さそうな場所を探すことです。 品種によっては、大きいものは500円硬貨大まで成長する「チャンドラー」という品種もあり、品種による違いも色々楽しめると思います。

髙橋ブルーベリー摘み取り園

TEL022-358-2851/富谷市明石祭田85
10:00~16:00

※6月末~8月中旬頃の実施。天候により変更があり。電話で問い合わせを。
60分 中学生以上800円/小学生500円/未就学児100円
持ち帰り100g/200円

次の記事へ

PICK UP あなたにおすすめの記事